とりの足跡
ゲームと読書を中心に「楽しい」を記録しています。
任天堂/ニンダイ感想/読書記録/ミステリ多め。

ボーン・コレクター

投稿日:2016.11.11 Fri 21:17
カテゴリ:読書‐小説

ジェフリー・ディーヴァー著「ボーン・コレクター」上下巻を読みました。


「ボーン・コレクター」データとあらすじ




地面から突き出た手。その薬指の肉は丹念にそぎ落とされていた。


凄惨な現場と不可解な遺留品。ニューヨーク市警は元・中央科学捜査部長リンカーン・ライムに協力を要請する。


ライムはとある事故により首から上と左手の薬指以外の感覚を失っているのだが……?


感想


安楽椅子どころじゃない安楽椅子探偵が主役のサスペンスミステリ。


上下合わせて700ページ超えですが気づいたら日またぎコースで一気読みでした。久々に海外ミステリ堪能したー!


残された証拠に潜むメッセージを紐解きながら犯人を追うライムたち。チリチリするひっ迫感と個性溢れるキャラクター同士のぶつかり合いがたまりません。


ミステリであると同時に生きることの輪郭というか「ふち」のようなものを考えるヒューマンドラマでもあると思います。


以下、ネタバレを含むので追記にて。


追記を読む


関連記事


このシリーズは他巻の感想もこのブログ内で書いています。


  1. ボーン・コレクター
  2. コフィン・ダンサー
  3. エンプティー・チェア
▼カテゴリ
ゲーム Nintendo Direct 読書-小説 読書-実用 読書-児童書 読書-ノンジャンル 読書-月1まとめ 日記 このブログについて
▼管理・連絡先

アイコン えに


読書好きでゲームファン。熱しやすく凝り性。シンプルな生活を模索中。


不具合、ご指摘、ほか各種ご連絡の際はメールフォームまでお願い致します。


ブログ名:とりの足跡
URL:http://torinoashiato.157161.blog.xria.biz/



- XRIA -